手術室では看護師は何をするの?

手術室勤務はやっぱり大変?!

手術室では看護師は何をするの?



手術室(オペ室・オペレーション室)は御存知の通り患者さんの手術をする場所です。手術をする際は病棟の看護師から、手術室の看護師へとバトンタッチをしますが実際のところ病棟看護師にとっては手術室の看護師ってあまり関わりが無い存在なのです。
保育園看護師の給料はどのくらい?

なので、手術室の看護師って実際は何をしているのかわからない 手術室には何があるのか知らないという看護師もいると思います。 手術室にあるものは病院の規模により差はありますが 基本的には最先端の機器が配備されているでしょう。 手術室には本当に様々な機器が揃っています。

看護師はこのような機器を取り扱うよりも、 メスなどの執刀医が使用する器具を中心に取り扱います。 手術室の看護師は手術の時だけがお仕事ではありません。 主なお仕事は2つあります。

1つめが器械出し看護業務(直接介助)です。 こちらは手術を行うチームの一員としてのお仕事になります。 執刀医にメスなど手術の状況に応じて 適切に渡していくお仕事です。

そしてもう1つが外回り看護業務(間接介助)です。 こちらは手術をスムーズに進行させるために 患者さんの体温や出血量の測定を行ったり、 手術中の点滴や輸血の準備を行います。 基本的には手術のサポートをすることになりますね。

また、間接介助看護師は直接介助看護師の サポートを行うこともあります。 もし、手術中に器具などが足りないという状況になったら 間接介助看護師が必要なものを補充します。 他にも共同に作業することもたくさんあります。

例えば手術でつかう針やガーゼを準備したり 器械の数を数えたりすることです。 手術前に準備した器具の数が手術後で 違っていたりしないかも確認します。 少なくなっていると患者さんの体内に残っている 可能性があるので必ずチェックします。

他にも器具を清潔に保つために洗浄したり、 手術に合わせて器具を全て用意したりなど 手術室の看護師のお仕事はたくさんあります。 手術室の看護師のやりがいといえば、 自分が器具などを用意したことによって 手術がスムーズに進行し無事に成功するところだと思います。

手術が成功し、患者さんからもそのご家族からも 感謝されるのでそれだけでも疲れが癒やされるようです。 やはり新卒でいきなり手術室から入るのは あまりにもハードですし特殊なお仕事のため おすすめはできません。

もし、手術中の看護師をやってみたいのならば まずは病棟勤務などで経験を積んでから 手術室へ転職したほうが良いでしょう。

潜在看護師が復職するには‥

看護師の有資格者で、何らかの事情で看護師の仕事をしていない方のことを「潜在看護師」といいます。 潜在看護師は女性看護師に多くみられます。それは、結婚や出産を機に看護師を辞める方が多いからです。

看護師の仕事はハードなので、仕事と家庭の両立が上手くいかずに辞める方も少なくありません。特に小さいお子さんを持つ看護師の場合は、復職したくてもなかなか出来ない状況にあります。 看護師不足が問題視されている医療業界では、潜在看護師の復職はありがたいものです。

ですから、看護師の求人も多く、復職できる場所はいくらでもあります。 只、ブランクの在る看護師にとって、復職するにもスキル面での不安があるのも事実です。この不安を解消するために、「潜在看護師研修プログラム」を積極的に実施している医療機関もあります。

このプログラムは、ブランクのある看護師を対象にした手技演習がメインとなっています。実際に模型を使用して講義が行なわれます。トータルで5日間の研修プログラムになっており、4人の研修生に看護師1人が付き指導をしてくれます。

疑問点があれば即座に質問できるので、効率的な研修内容になっています。 研修プログラム最終日(5日目)には、実際に現場実習(病棟)を行います。この際には、指導者が研修生に1対1で対応します。

医療機関によっては、病棟研修後、就職可能なシステムをとっているところもあります。 潜在看護師の支援対策は他にもあります。例えば、3日間のプログラムを3ヶ月毎に行なっている医療機関もあります。

1日の研修時間は朝10時~昼3時までの計5時間です。研修内容は基本的な看護技術から、最新医療機器の使用方法について学びます。様々な診療科の病院見学もできます。

又、実際に研修を受けて復職した看護師の体験談も伺えるので、ブランクのある看護師も安心して復職できるプログラムになっています。 ブランクに不安のある潜在看護師の方は、このような研修を受けると自信を持って復職できるでしょう。研修自体の参加費は無料ですが、交通費と昼食代は自己負担となっています。

看護師が転職を考える理由とは

看護師は転職回数が多くなりがちな職業として知られていますが、その理由はなんなのでしょうか。 転職理由について知れば、職場選びをする際にどういったところに注意しておけばいいのかがわかるはずです。

まず、転職前とあとでは条件が違うというのも転職理由として挙げられます。 例えば、求人情報では残業があまりないと書かれていたのにいざ働き始めてみたら毎日残業があったり、夜勤をする際にあまり仮眠が取れないなど。

ただ、残業の問題については病院にとっても忙しい時期とそうでない時期があるわけなので、残業が多い=話が違うから辞めようとすぐに考えてしまうのはおすすめできません。

面接では夜勤時にはしっかり仮眠が取れると説明されていても、それが状況によって変わってしまうことも珍しくないのです。気になることは面接の際によく確認しておくのが理想ではありますが、細かい条件があとから変わってしまうというのはどの職場でもあることだと理解しておいたほうがいいでしょう。

少し条件が違うとういうことでその度に転職を繰り返してしまうと、雇ってくれるところが見つからない状態にもなってしまいます。

それから、人間関係の問題も看護師の転職理由として挙げられることが多いです。 どの職場でも同じことが言えますが、自分から歩み寄る努力をしましょう。

働き始めたばかりの時期というのはなかなか周りになじめず、苦戦してしまうかもしれません。 ですが、長く働き続けることによって仲の良い同僚ができたり、上司とも折り合いがつくようになったケースは多いので、接し方について見直してみてはどうでしょうか。

それから、今の職場では定年まで働けるかどうか不安に感じてしまい、転職をする人もいます。 体力がある若い人ですら辛いと感じるような職場では、定年まで働くことは難しいと言えるでしょう。

定年まで働ける職場を探して転職をするのであれば、勤務条件や忙しさ、休日、勤務時間などをよく比較しながら決めることが大切です。